導入事例

ファソテックの製品やサービスを導入くださっているお客さまの事例をご紹介します。
すべての導入事例は無料でダウンロードいただけます。必要事項をご記入の上、ダウンロードをお願いいたします。

お客さまの事例カテゴリー
CATIA
3Dプリンタ

3Dプリンタ導入事例

サントリープロダクツ株式会社 様

東日本で最大規模の清涼飲料工場がMarkforgedを採用

サントリープロダクツ株式会社 様

サントリープロダクツ株式会社の榛名工場 様 は、1992年に稼働を開始した、東日本で最大規模の清涼飲料水製品を専門に生産するサントリーグループの主力工場です。従業員は協力会社の社員も合わせると約400名が在籍されています。Markforged社のカーボンファイバー3Dプリンタデスクトップシリーズ「MARK TWO」及び「ONYX ONE」を導入して、製造現場の若手スタッフが中心となって、製造の技術力向上と業務効率化に日々取り組んでいらっしゃいます。
3Dプリンタ選定・導入のポイント、現在の取り組み状況、さらに今後の展望についてご紹介いただきました。

  • Markforged MARK TWO

詳しい導入事例をダウンロード

株式会社ニックス 様

ドローンのアタッチメント装置を開発する企業がX7を採用

株式会社ニックス 様

株式会社ニックス 様は、工業用プラスチック部品、プラスチックファスナー、プラスチック機構部品などの企画・開発・製造・販売を行うほか、オリジナルプラスチック素材「NIXAM(ニグザム)」を活用した高機能部品や、実装基板の搬送や保管に使う国内シェアトップのマガジンラック「Nikko-Rack™」、ラベル貼付機などのラベル関連製品の企画・開発・製造・販売なども手掛ける。「Nothing to Something」(無から有を生み出す創造力)をモットーに、グローバル社会において唯一無二の存在になるべく独自の技術力を生かした課題解決企業を目指しています。
Markforged X7をドローンのアタッチメント装置に採用いただいたポイントと、現在の取り組み状況・導入効果、さらに今後の展望についてご紹介いただきました。

  • Markforged X7

詳しい導入事例をダウンロード

VFR株式会社 様

国際ドローンメーカーがX7とONYX ONEを採用

VFR株式会社 様

VFR株式会社 様は、VAIO株式会社の子会社からスタートし、PC事業・EMS事業を通じて蓄積してきた高度な設計・製造技術や国内外のサプライチェーンのマネジメント能力を小型無人航空機(ドローン)の開発・製造に応用する目的で設立した企業です。主な事業として、誰もがどこでも必要な時に使えるドローンと社会インフラ基盤をパッケージとして開発する「ToA事業」、ドローン開発・製造に向けたコア技術の提供や5Gとの連携技術を確立する「ToB事業」、ロボット教育教材やVR・MR市場への応用を行う「ToC事業」の3つを展開しています。
Markforged X7とONYX ONEを採用いただいたポイントと、現在の取り組み状況と導入効果、さらに今後の展望についてご紹介いただきました。

  • Markforged X7 / ONYX ONE

詳しい導入事例をダウンロード

株式会社ナリス化粧品 様

化粧品メーカーが製造治具
製作用にMARK TWOを採用

株式会社ナリス化粧品 様

株式会社ナリス化粧品 様 は、ビューティアドバイザーが技術を提供する「訪問販売事業」 を柱に、ナリスの品質・技術を世界中に展開する「海外事業」、幅広くヘルス&ビューティケアを提供する「店頭販売事業」、化粧品の製造技術と販売のノウハウを活用する「OEM事業」、インターネットなどの広告媒体を通じて商品を拡販する「通信販売事業」、「ナリス ビューティサロン」を運営する「サロン事業」など多角的に展開し、商品企画から研究・開発・デザイン・生産・販促・営業まで、一貫したビジネスモデルで事業を拡大しています。
製造治具製造にMARK TWOの導入を決定された経緯と効果についてご紹介いただきました。

  • Markforged MARK TWO

詳しい導入事例をダウンロード

日置電機株式会社 様

電気計測器メーカーがMARK TWOを導入

日置電機株式会社 様

日置電機株式会社 様 は、1935年の創業以来、電気計測器の開発、生産、販売・サービスを通して技術と社会の発展に貢献している企業です。 電子機器の検査・品質評価を行う「電子測定器」や、電気機器の開発や設備の異常監視に用いる「記録装置」、電気工事・設備の保守点検を支援する「現場測定器」、電子回路基板などの検査を効率化する「自動試験装置」の4分野にポートフォリオを拡充。HIOKIブランドは、環境・新エネルギー分野、自動車分野、電子部品分野、インフラ分野などの幅広い産業で活用されています。
製造の効率化を実現された現在の取り組み状況、さらに今後の展望についてご紹介いただきました。

  • Markforged MARK TWO

詳しい導入事例をダウンロード

株式会社増田鉄工所 様

金型・治具の製造業がX7とMARK TWOを同時導入

株式会社増田鉄工所 様

株式会社増田鉄工所 様は、国内自動車メーカーの1次請け企業(Tier1)向けに、自動車内外装に使用する部品を製作するための金型や治工具を製造する老舗企業です。
プレス金型製作は売上全体の9割以上を占めていますが、今後は金型以外のポートフォリオ、特に治工具の販売比率を高め・促進するため、新たにチャレンジしている戦略のひとつが、3Dプリンタを活用した治工具の開発・製造です。
3Dプリンタ選定・導入のポイント、現在の取り組み状況、さらに今後の展望についてご紹介いただきました。

  • Markforged MARK TWO / X7

詳しい導入事例をダウンロード

スパンレーシングテクノロジー 様

レース車両の軽量化を目的にMARKFORGED X7を導入

スパンレーシングテクノロジー 様

スパンレーシングテクノロジー様は、2017年に創業した、レーシングカーなどの競技車両におけるボディメイク全般を担う企業様です。FIA規定のボディ製作やフルパイプ/セミパイプフレーム製作、サブフレームの製作・加工、ゼロからの競技車両製作のほか、TIG(タングステン-不活性ガス)溶接による精密加工全般も得意とし、ワンオフ(オーダーメイド)マフラー・マスターモデルの製作、エンジン特性に合わせたエキゾーストマニホールド製作を数多く手掛けています。また、CAD図面作成を含めたCNC切削加工や、レースカーに必要なワイヤーハーネス加工なども受託しています。レース車両の軽量化を目的にMarkforged X7の導入を決定された経緯や、その効果、さらに今後の展望についてご紹介いただきました。

  • Markforged X7

詳しい導入事例をダウンロード

OOEDO SAMURAI 様

RoboMaster出場をめざすチームのロボット外装を3Dプリント造形で独創的なデザイン実現

OOEDO SAMURAI 様

OOEDO SAMURAI 様は、世界最大級の次世代ロボットコンテスト「RoboMaster」に参加することを目的に、関東圏を活動範囲とする大学院生・大学生・高校生・高専生によって2019年6月設立したチームです。
2019年の「RoboMaster」に初出場でみごと日本代表となりました。独創的なデザインで多くの関係者の注目を浴びたロボットの外装は、3Dプリント造形によるものでした。ロボットの開発秘話から3Dプリント造形への期待、今後の活動の展望などご紹介いただきました。

  • 3Dプリント受託サービス

詳しい導入事例をダウンロード

株式会社アネブル 様

MARKFORGED X7を導入し試験用治具やモックアップの短時間での作成とコスト削減を実現

株式会社アネブル 様

株式会社アネブル 様は、大手自動車メーカーやその関連会社からエンジン・モーターの試験受託、車両改造・試作車両開発を請け負う、国内では珍しい独立系のエンジン・エンジニアリング会社です。X7の導入により、これまで外注で3 ~ 4日かけていた検査用治具製作が、約半日で完了し、製作時間が格段に短縮しました。
今後は、社外からの造形イメージを受け取り、設計をおこない、3Dプリント造形する受託ビジネスを開始される予定です。X7の活用の幅は、さらに広がっています。

  • Markforged X7

詳しい導入事例をダウンロード

株式会社NORION 様

金属では製造困難な複雑形状に対応するため Markforged MARK TWO を採用

株式会社NORION 様

「“ワクワクする”モノづくりを誰にでも」をミッションとして2018年1月に大阪で設立した 株式会社NORION 様は、自社で工場や製造ラインを持たないファブレスの製造業です。技術力の高い国内外の製造企業6社(2019年10月現在)と提携し、お客さまの要望に合せて工場を使い分け、フレキシブルかつ低コストに製造を可能にする手法を開発しました。
さらに、金属では製造が困難な複雑形状に対応するため、Markforged MARK TWO を採用され、3Dプリント造形によって、短納期かつ低価格で高精度な造形を実現しています。

  • Markforged MARK TWO

詳しい導入事例をダウンロード

ファソテックについてもっと知る