3Dプリント受託造形サービス

弊社で所有しています、カーボンファイバー3Dプリンタ、樹脂3Dプリンタ、光造形3Dプリンタで受託造形サービスをいたします。

こんな方におすすめ

  • 大きなサイズの造形をおこないたい
  • 3Dプリンタで造形しているがヒケや反りがでる
  • 切削では製造が難しい形状を制作したい
  • ⾒栄え・質感を再現したい
  • 軽量化したい
  • 3Dプリンタを購⼊検討中

概要

3Dプリント受託サービスは、お客さまからお預かりした3Dデータを3Dプリンタで造形して納品する受託サービスです。3Dプリント造形を希望されるお客さまから、事前にご要望や造形物の使⽤⽤途などをヒアリングし、3Dデータを確認して最適なプリント仕様をご提案いたします。お客さまにご満⾜いただける造形物を制作するために、経験豊富なエンジニアがヒアリングを⾏います。3Dデータの確認では、形状はもとより、造形の可否を判断します。ときには3Dデータの修正が必要になることもあるため、3D CADに精通したエンジニアがお客さまと協議しながら修正します。まずはお気軽にご相談ください。

 

特長

1. お客さまの試作造形をサポートします

経験豊富なエンジニアが、お客さまのご要望やご利用用途をお伺いし、3Dプリンタ造形に適した設計変更、造形条件をご提案し、細部までご相談しながら仕様を決定し造形いたします。
1
点ものの試作品から量産まで柔軟にご対応いたします。

2. 強度・精度重視 Markforged3Dプリンタ -

Markforged製カーボンファイバー3Dプリンタは、 ナイロンに微細カーボンを配合した材料を利用します。
長繊維ファイバーを入れて強度を上げることも可能です。
内部を中空にすることができるため、強度を保ちつつ軽量化を
実現することができます。
最終試験用の試作や治具、プレスなどの成形型、実用部品、カスタムパーツなど、様々な用途で利用が可能です。

3. 大型造形 - Lobotics製 プリンタ -

Lobotics製の大型3Dプリンタは、最大1200×600×600(mm)の造形が可能です。
今ままで分割・接着していたパーツも一体造形ができます。
強度があるため、実試験で利用する試作品や、マスター型にも利用できます。

大型受託造形サービス

<活用事例>精度・強度のある造形が可能なので、後加工後にEV車のカスタムパーツとして実利用されています。

実車イメージ

 

ご利用の流れ

1.お申し込み

お申し込み・お問い合わせページから必要事項をご記入のうえ送信ください。

2.ヒアリング
担当者より制作内容の詳細をヒアリングいたします。
3.お見積書・ご注文書送付

担当者よりお見積書・ご注文書をお送りします。

4.ご注文書返送

ご注文書に必要事項をご記入のうえご返送ください。

5.導入・カスタマイズ
ご希望の内容で3Dプリントを造形いたします。
6.完成品の発送
完成した製品を納品いたします。

よくあるご質問

受託造形サービスについて

Q1.3DCADデータは、どのようなデータ形式に対応していますか?
A1. STL(.stl)、STEP(.stp)、CATIA(.CATPart)

Q2.3DCADデータがありません。2D図面からでも造形可能ですか?
A2. 2D図面からの3DCADデータ作成も可能です。
その場合、別途3DCADデータ作成費用が必要となります。

Markforged カーボンファイバー3Dプリンタについて

Q3.造形可能なパーツサイズはどのくらいですか?
A3.330mm X 270mm X 200mm のサイズまでのプリントが可能です。
長繊維Carbonを入れる場合、 330mm X 250mm X 200mm

Q4.色の指定はできますか?
A4.基本材料のOnyx材は黒のみとなっております。

造形サービスご案内資料ダウンロード

Markforged樹脂3Dプリンタ受託造形サービスのご案内資料

詳細はこちら

お申し込み・お問い合わせ

3Dプリント受託サービスは随時受け付けております。
以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
お問い合わせの内容を確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

は入力必須項目です。
ご入力いただいた内容は、SSL暗号化通信により保護されています。

一覧へ戻る