取扱製品
SIMULIA V5

SIMULIA V5
CAE解析

SIMULIA V5は、CATIA V5の設計環境内で設計解析機能が使⽤できます。 設計者は使い慣れたCATIAユーザー・インターフェースで、CATIAのモデルに対して直接⾮線形解析や熱伝導解析ができます。

こんな方におすすめ

  • 非線形解析を行いたい
  • 熱伝導解析を行いたい
  • CATIA V5の解析を拡張したい
  • 解析の効率化をしたい

概要

グローバル市場において、スピード、低価格、高品質といった厳しい条件で競争力を強化するために、多くの企業がCAE(Computer Aided Engineering)を採用しています。しかし従来、CAEは高度なスキルを要する一部の専門家によって、スタンドアローン製品を用いて行われ、かつ開発サイクルの終盤で採用されてきたため、設計に対する効果は限られたものでした。
CATIA V5 アナリシス/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品が実現するCAD/CAEの統合環境下であれば、設計プロセスの早い段階でCAEを活用できるようになります。
使い慣れたCATIAのユーザインタフェース上で、設計者自身が設計モデルを直接解析できるようになり、CAEは効果を発揮します。
CATIA V5 アナリシス/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品は、強力なツールでありながら抜群の使いやすさを持ち、設計者と専門家のどちらも利用することができます。

CAE手順に沿ったCATIA アナリシス/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品ポートフォリオ

特長

設計CAEで効果を上げるためには、設計者が有効に、かつ正しく使えるように、「設計者が使用する」という視点で導入ツールを選定することが不可欠です。
CATIA V5 アナリシス製品/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品なら、設計者が必要な機能に絞った操作性の良い「設計者向け」製品が豊富に揃っていますので、メイン業務の設計時間を大幅に割くことなく、確実に効果を上げることができます。

1. ユーザーフレンドリーな環境(理解しやすく使い易い)

  • 直感的なインターフェース
  • 結果がイメージ画像で表示されるため、わかりやすい
  • 強力な自動メッシングツール

2.設計と解析の高速ループ

  • 解析を行うにはワークベンチを切り替えるだけ 設計変更の際にもすぐに解析モデルに反映される

3. 複数の専門分野間のコラボレーション(拡張性)

  • 個別のニーズ(疲労、音響、熱伝導など)に 対応できる

製品

デザイン・アナリシス・ソリューションのコアとなるGPSに、その他のCATIAアナリシス製品/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品を組み合わせることで、解析機能をさらに拡張できます。解析業務プロセスをカバーする豊富な製品が用意されていますので、お客さまのニーズに合わせた選択が可能です。業務プロセスの中でワンクリックで設計業務から解析業務へ切り替えができますので、設計者自身が効率的に作業できます。


1. CATIA V5アナリシス製品
ジェネレーティブ・パート・ストラクチャル・アナリシス2(GPS)

ジェネレーティブ・パート・ストラクチャル・アナリシス2(GPS)は、CATIAアナリシス・ソリューションのバックボーンとなるコア製品です。さまざまな荷重条件下でのパーツの変位や応力に計算、さらには固有周波数と対応するモード形状を計算し、パーツの振動特性を検証します。メッシュの自動調整機能によってマニュアル調整なしでも適切な解を得ることができるため、設計者にとって理想的なツールです。


2. CATIA V5アナリシス製品
ジェネレーティブ・アセンブリー・ストラクチャル・アナリシス2(GAS)

ジェネレーティブ・アセンブリー・ストラクチャル・アナリシス2(GAS)は、GPS機能を拡張したアセンブリー解析対応製品です。荷重はパーツと周辺部品との相互関係や結合方法に基づき自動計算されるため、他パーツからの荷重や拘束の簡略化の仮定を行う必要がなく、実際にパーツが動作する環境の中での解析が可能です。ソリッド、サーフェス、ワイヤーフレーム形状で構成されるハイブリッド・アセンブリーに加え、解析仕様を含んだパーツから構成される「解析のアッセンブリー」もサポートしますので、PLMによるコンカレント・エンジニアが実現します。


3.CATIA V5アナリシス製品
ELFINIストラクチャル・アナリシス2(EST)

ELFINIストラクチャル・アナリシス2(EST)は、GPSの機能を拡張し、複数荷重ケースを含む静解析、周波数解析、座屈解析ケースを含むマルチ解析ケースの機能を提供します。より解析専任者向けに設計された製品ですが、ユーザーインターフェースを設計エンジニアが使うものと共通化することで、さまざまな専門分野間のチームワークを促進し、設計解析の所要時間を短縮します。


4.CATIA V5アナリシス製品
ジェネレーティブ・ダイナミック・レスポンス・アナリシス2(GDY)

ジェネレーティブ・ダイナミック・レスポンス・アナリシス2(GDY)は、過渡解析と調和解析の両方を提供し、設計の動的荷重に対する応答特性の検討を可能にする製品です。この機能によって、設計の初期段階において、共振やその他の動的効果を把握し回避することができます。動的挙動を検証するために効果的なツールを提供します。


5.CATIA V5アナリシス製品
FEMサーフェス2(FMS)

FEMサーフェス2(FMS)は、主に解析専任者を対象とした製品で、複雑なサーフェスおよびワイヤフレームの高度なメッシュ機能を提供します。要素品質と要素数の大幅なコントロールが可能で、複雑なサーフェスやワイヤーフレームの高速かつ効率的なメッシュ生成を実現します。生成されたメッシュは形状とフルに連携。GPSの標準的なサーフェス・メッシュ機能を拡張して、よりコントロール性に優れた高度なメッシュ・アルゴリズムを提供します。


6. CATIA V5アナリシス製品
FEMソリッド2(FMD)

FEMソリッド2(FMD)は、主に解析スペシャリストを対象とした製品で、複雑なソリッド・メッシュを作成するための高度な機能を提供します。複雑なソリッド形状のメッシュを高速かつ効率的に作成すると同時に、要素品質と要素数をコントロールできます。生成されたメッシュは形状とフルに連携し、GPSの標準的なソリッド・メッシュ機能を拡張して、よりコントロール性に優れた高度なメッシュ・アルゴリズムを提供します。


7.SIMULIA エクステンド・アナリシス製品
ノンリニア・ストラクチャル・アナリシス(ANL)

ノンリニア・ストラクチャル・アナリシス(ANL)は、GPSの機能を拡張し、大変形、材料非線形といった非線形効果を含む高度な解析をする製品です。金属の塑性やゴムのような超弾性は材料非線形としてモデル化できます。また、GASよりさらに高度な接触機能を提供し、接触サーフェスを自動検出します。ATHと併用することで、熱応力解析が実施できます。


8.SIMULIA エクステンド・アナリシス製品
サーマル・アナリシス(ATH)

サーマル・アナリシス(ATH)は、サーフェスへの熱伝導や、熱流束、温度荷重による定常・非定常温度分布を計算し、設計者が設計の熱挙動を理解できる製品です。熱材料特性には、温度依存性を定義できます。アセンブリー解析では、パーツ間の接触面の熱伝導を指定できます。


9.SIMULIA エクステンド・アナリシス製品
ルールベースド・メッシング(RBM)

ルールベースド・メッシング(RBM)は、詳細なメッシュ生成ルールを作成・保存しておくことで、より効率的により高品質なサーフェスメッシュの自動生成を可能にするサーフェスメッシャーです。異なる形状に対しても同じルールを適用することで一貫性のとれたメッシュ生成が可能です。反対に、同じ形状に対して異なるルールを適用することで、解析の種類に応じた最適なメッシュ生成を効率的に行うことができます。

より詳しい製品情報を見る

ダッソー・システムズ オフィシャルサイト