取扱製品
Markforged 金属3Dプリンタ

Markforged 金属3Dプリンタ
3Dプリンタ

画期的な⾦属3Dプリントテクノロジーで、安全に⼿軽に⾼品質の⾦属部品を製造します。 樹脂プリンタ並みの設備コストで、様々な場⾯で活⽤でき、⾦属部品の製造プロセスにイノベーションを起こします。

Markforged 金属3Dプリンタ 「METAL X」は、FDM式の新型金属3Dプリンタです。
まったく新しい造形技術「ADAM」により今までの金属プリンタではなしえなかった 数々のイノベーションを起こします。

ADAMにより、いままでの金属3Dプリンタのように防爆設備が必要ないため、設備費用が圧倒的に低コストな上に安全で手軽に造形できます。また、従来にはないラティス構造での造形で、軽量化にも貢献。3Dプリンタならではの切削や鋳造ではできない構造を造形します。

こんな方におすすめ

  • 製品の軽量化をおこないたい
  • 設計~試作~実験~最終製品の開発期間のリードタイムを短縮したい
  • 治具、実験試作品、小ロット製品を3Dプリンタで造形したい
  • 低コストで金属の造形をおこないたい

特長

1.Markforgedの造形技術 ADAM

3Dプリント技術と金属射出成形技術を組み合わせたADAMは、全く新しい手法で金属パーツを製造します。

  1. CADデータからのSTLをアップロードし、金属の種類を選択するだけで、付属ソフトウェアEigerが簡単に造形データを作成します。
  2. 金属粉+バインダーの材料からFDM方式で精緻なパーツを積層造形します。焼結時の収縮を見込んだサイズをEigerが計算します。
  3. 造形物の余分なバインダーを脱脂した後、炉に入れ焼結処理を行い、強固な金属パーツに仕上げます。
  4. 焼結完了後、約97%(注1)の密度の金属パーツとなります。勿論、完成後に通常の金属加工を施すことも可能です。

(注1)17-4 PH Stainless Steelの場合:約97% 、 H13 Tool Steel / A2 Tool Steelの場合:約95%


2.設備費用は従来の金属3Dプリンタの1/10。切削・鋳造などと比べると1/100

金属粉末を含んだ樹脂フィラメントでラティス構造状に印刷し、脱脂、焼結することで、材料費・設備費用を圧倒的に削減できます。

3.金属粉末を使用しないので、防爆等の付帯設備も不要。安全で手軽

従来の金属3Dプリンタのように防爆設備が必要ないため、安全です。

4.従来にないラティス構造で、金属部品の軽量化が可能

表面を閉じ、中はクローズドセル上のラティス構造状に造形するため、見た目は製品そのままに軽量化を行うことができます。

5.材料はカートリッジで提供されるので、材料交換が容易

カートリッジで材料交換をするため、交換が簡単です。また、金属粉を使用しないのでベッドとヘッドを交換せずに別の材料で造形することが可能です。今後、さまざまな金属が使用可能になる予定で、METAL Xが未来を切り開きます。

6.プリント後の処理工数を削減

脱脂前のプリントされたパーツ(グリーンパーツ)で表面加工を行うことにより、焼結後の金属パーツの表面を滑らかに造形できます。このことにより、硬い金属の表面加工の時間を削減することが可能です。

取扱機種

METAL X 本体

オールアルミニウムボディおよびプリントシステムを採用し、品質とデザインを兼ね備えたMETAL X本体。完全に密閉されたビルドチャンバ、超静音モーションシステム、環境管理された材料保管庫を備えた3Dプリンタです。
この本体で金属粉+バインダーの造形物「グリーンパーツ」を造形し、ウォッシャーで脱脂、炉で焼結させて完成させます。
(※METAL X以外に「脱脂用のウォッシャー」と「焼結用の炉」が必要です)

             
スペック
最大造形サイズ[W,D,H] 300mm X 220mm X 180mm
(※焼結後はこのサイズから20%縮小します)
本体サイズ[W,D,H] 575mm X 467mm X 1,120mm
重量 75kg
積層ピッチ 50 μm、125 μm
ソフトウェア Eiger(Cloud Based/Local Storage)
入力フォーマット STL
電源装置 100-240 VAC, 2,400 W (20 A peak), IEC60320 Type C20

WASH-1 (ウォッシャー)

Markforged WASH-1はプリントパーツからバインダーを脱脂するための付帯設備で、全てのメタル材料に対応しています。日本国内で市販されている洗浄液が利用できます。 (詳細は別途お問い合わせください)

       
スペック
チャンバー容積[W,D,H] 356 mm x 254 mm x 203 mm / 18,356㎤
本体サイズ[W,D,H] 609 mm x 685 mm x 1,067 mm
重量 136 kg
電源装置 120/240 VAC Single Phase, 15 A / 1,650 W Peak Draw

SINTER-1 (焼結用の炉 小)

Sinter-1は、Metal Xでプリントしたグリーンパーツを脱脂後、焼結し最終的な高密度の金属パーツに仕上げるための低価格でハイパフォーマンスな炉です。約30年の実績のあるMIM(メタル・インジェクション・モールディング)技術に基づいて、小~中サイズのパーツの炉として、Markforgedが開発し製品化しました。小中サイズの焼結にはSinter-1をお勧めします。

           
スペック
最大焼結サイズ4,760 ㎤
内部サイズ[円筒形]141 mm(内径) x  305 mm(内部全長)
本体サイズ[W,D,H] 1,067 mm x 505 mm x 720 mm
本体重量 136 kg
最大温度 1,300 ℃
電源装置 200 - 240 V Single Phase 36A, Recommend Wiring 50A

SINTER-2 (焼結用の炉 大)

Sinter-2は、焼結用の大型炉で、大型パーツやバッチ生産用にお勧めです。 脱脂後グリーンパーツを一度に多く焼結できるため、効率的な生産を促進します。

           
スペック
最大焼結サイズ19,644 ㎤
内部サイズ[円筒形]248 mm(内径) x  406 mm(内部全長)
本体サイズ[W,D,H] 1,200 mm x 700 mm x 1,500 mm
本体重量 350kg
最大温度 1,300 ℃
電源装置 200 - 240 V 3-Phase 60A

材料の特性

17-4 ステンレス鋼

17-4 ステンレス鋼は高い強度と耐腐食性、硬度を併せ持ち、航空宇宙産業や医療、石油産業で幅広く使われています。

H13工具鋼(SKD61)

H13工具鋼は、高温および摩耗用途に最適化された工具鋼で、金型や耐摩耗性部品に最適です。

A2工具鋼(SKD12)

A-2工具鋼は空気焼入れにより非常に優れた耐衝撃性を備えています。押出形、成形工具に用いられています。

今後リリース予定

  • 6061 アルミニウム合金 7075 アルミニウム合金
  • インコネル625
  • 64 チタン (Ti-6Al-4V)

使用例

各種生産冶具、生産ツールに

小ロット部品、試作品に


軽量化、トポロジー最適化に

プリント後の処理工数の削減に

より詳しい製品情報を見る

Markforged オフィシャルサイト