取扱製品
RecurDyn

RecurDyn
機構解析

RecurDynは、最高の計算効率を実現するRecursiveFormulation理論による機構解析ソフトウェアです。有限要素法が統合されたMFBD(Multi Flexible Body Dynamics)ソルバーを中核に使いやすい操作環境を併せ持つ、先進の機構解析ソフトウェアです。

こんな方におすすめ

  • 動く部品の解析をしたい
  • 変形をともなう機構の解析をしたい
  • 流体と機構の連成解析をしたい

概要

RecurDynは、最高の計算効率を実現するRecursiveFormulation理論に加え、運動方程式定式化のレベルで有限要素法が統合されたMFBD(Multi Flexible Body Dynamics)ソルバーを中核に、複数領域連成(Multi-disciplinary)による高度な解析機能と、使いやすさを追求した操作環境を併せ持つ先進の機構解析ソフトウエアです。
複数の部品で構成された機構の応答を効率良く計算することができます。入力には、質量特性、強制運動、荷重等が使用でき、部品間をつなぐ拘束ジョイントの種類も多く、目的に合わせたモデル構築が可能です。
また、特定用途向けのキット(柔軟媒体、履帯走行、エンジンなど)や直感的なユーザーインターフェースUIを採用し、自動車、建機、重電、搬送システム、家電、ロボットなどの様々な分野の製品開発に利用されています。
設計段階での事前検討、システムの挙動評価、メカニズム解明・数値化が可能です。これにより、試作コストの削減、開発期間の短縮、高品質な製品設計・開発を実現することができます。 。

メリット

  • 機構と構造を一括して計算でき、高速で高精度な接触計算が可能
  • 3Dモデルから簡単に機構解析が可能
  • 直感的な操作性を備えている

その他解析機能

製品検討に必要となる、複雑な事象を解析するための解析機能を持っています。

  • 機構+構造連成解析(非線形、大変形、接触)
  • 機構+粒子法(流体)連成解析
  • 制御+機構連成解析

特長

1. Multi Flexible Body Dynamics(MFBD):機構+構造連成

線形弾性効果を考慮できるモード合成法に加え、直接法を採用したことで、大変形かつ接触を考慮した非線形弾性体まで扱える機構+構造連成解析=MFBD(Multi Flexible Body Dynamics)環境を実現します。
MFBD環境は、弾性体機構解析のモデル作成、計算実行、結果処理までの一連のオペレーション環境を提供します。

自動車用機構部品の機構構造解析

ギアの接触応力解析

搬送用ロボット部品の運転時疲労強度

2.Particles:機構+粒子法連成

RecurDynは、機構と粒子法(流体)の相互作用を考慮しながら計算する機構+粒子法連成解析環境を実現します。機構側は、機構モデルの動き(位置、速度情報)を粒子法側へ送り、粒子法側では、粒子の挙動によって発生する力(流体力)を機構側に送ります。

チェーン挙動を考慮したオイル挙動

エンジン内部の旋回時オイル挙動

高圧バリ洗浄における最適条件の算出

3. CoLink:機構+制御連成解析

RecurDyn環境に一体化した制御システムシミュレーターCoLinkやMATLAB/Simulinkなどの外部ソフトを使い、複雑な制御系、電気系、時間依存システムをモデル化して、RecurDynで作成した機構モデルと連成させることで、ファーム設計、電気設計、機構設計を包括するプラットフォームを実現します。
CoLinkは、制御系、電気系、時間依存システムの設計、解析が可能なRecurDyn環境と一体化した制御システムシミュレーターです。RecurDynの基本機能で作成するのが難しい運動の信号などの複雑なシステムを、容易に定義できます。
また、ひとつのソルバーで制御+機構連成解析を実行することで、高速計算を可能にします。

制御システム

制御システムと連携したロボットアーム機構解析

RecurDyn活用事例動画

1. 高圧洗浄機ロボットの機構解析事例

高圧洗浄機ロボットの機構解析事例動画になります。

  • 制御情報を加味した設計検討
  • 最適条件の事前評価
  • 機構・応力の連成解析
  • 機構・粒子法の連成解析
  • 複雑な機構の評価

2.ギアの接触解析事例(歯元応力・歯面圧)

ヘリカルギアとヘリカル遊星ギアの接触解析事例動画になります。

  • 弾性体接触解析 ~応力分布~
  • 弾性体接触解析 ~面圧分布~
  • 剛体接触解析