取扱製品
ENOVIA 3DEXPERIENCE

ENOVIA 3DEXPERIENCE
PDM/PLM

ENOVIA 3DEXPERIENCE®は、グローバル企業の協調設計や現地設計・現地製造における製品開発に関わるすべての情報の統合管理システム環境を提供します。必要な情報を役割に応じて確認できビジネスの意思決定スピードを向上します。

こんな方におすすめ

  • 複数部門および複数会社で協調設計をしたい
  • 複数拠点、地理的な隔たり超えた協業を実現したい
  • 情報のトレーサビリティを確保したい
  • 知的資産を統合管理したい
  • 大幅な開発期間短縮・コストダウンを実現したい
  • さまざまなCADデータの管理を行いたい
  •   

概要

ENOVIA 3DEXPERIENCEは、グローバル企業の協調設計や現地設計・現地生産における製品開発データの一元管理を実現し、プラットフォームとしてユーザーからの情報へのアクセスと作業の進捗管理を支援します。製品開発にかかわるデータや各種ドキュメント、ユーザー情報を集中管理することで、企業の知的財産を保護しつつ、業務の意思決定に有効な情報の共有と活用を促進します。

特長

1. 意思決定のスピード向上

いくつもの異なるシステムに存在する重複したデータや分断されたデータ、部門や地域ごとに部分最適化されたデータを個別に維持管理し使うのではなく、ひとつのプラットフォームで必要な情報をすべて管理します。そのため、世界中のどこからでも連携ができ、意思疎通を行えることで、業務効率が向上し、再入力などからくる重複した付帯業務を削減します。また思考の中断や遅延をさせず、ビジネスの意思決定スピードを向上します。

2. グローバル運用を実現するアクセスの高速化とセキュリティ強化

さまざまなCADデータや製品情報データを一元管理し、複数拠点間、複数CAD間での協調設計を実現します。情報に対する堅牢なアクセス管理により、機密ファイルの情報漏洩を撲滅します。ユーザー側は、Webブラウザのみでシステムにアクセス可能なため、遠隔地からも容易に使用できます。時間や場所を問わず製品情報を参照できるため、問題の早期発見・解決によるQCDの改善につながります。

3. 構成データレベルで連携可能

従来のファイルベースによる管理から、情報のデータベース化を推進することにより、さまざまデータがつながり、詳細レベルでのトレーサビリティを確保します。さらに、アイデアから要求仕様、品目情報、3Dモデル、テスト情報、工程やコスト情報などをモジュールレベルで管理することにより、部品の再利用性を高め開発コスト削減が可能になります。

4 静的な設計からモデルベースド開発へ

製品全体をシステムとしてとらえ、メカ・エレキ・ソフトを統合して評価し検証できます。またリアルな挙動を自然界の物理法則にしたがって、仮想で再現するバーチャル・モデル・シミュレーションにより開発品質を向上させます。バーチャルモデルと没入環境によって、顧客の使用感をバーチャル体験することにより、早期に正確な判断が可能になり、製品開発へ反映することができます。

より詳しい製品情報を見る

ダッソー・システムズ オフィシャルサイト