取扱製品
eラーニング 公差設計入門

公差設計入門
eラーニング

『公差設計入門』は、文字とおり入門編として、初めて公差設計を学ぶ方のための教育コンテンツです。Step1からStep14の構成となっており、全27問の演習問題がついているので、理解度の確認も行えます。

※注意:eラーニングコンテンツ『幾何公差の基礎』の開発︓株式会社プラーナー様によるものです。

こんな方におすすめ

  • 初めて公差設計を学ぶ方
  • 品質向上、コストダウン設計を考えている方
  • 図面に課題を持たれている方
  • 公差にかかわるすべての方(設計・開発・生産技術・製造・検査・品質管理及びその方々を指導される方)

概要

公差を決めることは本来、設計者にとって基本中の基本の役割であるはずです。しかし近年、この公差設計のスキルが失われつつあります。開発期間の短縮や流用設計の増加など、その要因はさまざまですが、既存の類似図面で設定されていた 公差をそのまま使うなど、公差をしっかりと計算する機会がなくなってきているのです。
本コンテンツは、公差設計を実践する上で不可欠な知識を、eラーニングシステムを使った講義(ビデオ・⾳声含む)、理解度チェックをすることにより、効率的に学習ができます。

特長

Point1. ナレーション

全章、全てナレーション付きで、動画を⾒るように学習できます。
X1.2、x1.5 、x2.0 などの倍速設定も可能。 分かっている内容は倍速、知らない内容はじっくり、メリハリをつけて学習が可能︕


Point2. アニメーション

ナレーションと同期して、文章や図がアニメーションで動き、どこを説明しているのかわかりやすい︕


Ponit3. 理解度チェック

各ステップごとに、理解度チェック︕(全27 問)理解度を確認できます。

自席受講でも教育効果の確認が可能


Ponit4. 15分ごと全14STEP

約15 分区切りの14STEP で構成されており、空いた時間で気軽に受講可能。

プログラムの詳細

STEP1 第1 章 公差設計の概要
 1 - 1 公差計算の具体的な例
 1 - 2 公差設計のメリット
 1 - 3 検図について
 1 - 4 公差設計の流れ
 1 - 5 設計者の公差知識の実態
STEP2  1 - 6 公差設計のPDCA
 1 - 7 普通公差
STEP3  1 - 8 公差の課題を解決
  1 - 8 - 1 設計作業終盤のワークフロー
  1 - 8 - 2 FMEAの具体的事例
  1 - 8 - 3 リスクマネジメントからの要求
STEP4 第2 章 公差設計の概要
 2 - 1 GD T (幾何的寸法許容差設定および表示表)
STEP5  2 - 2 JIS の改訂
  2 - 2 - 1 サイズ公差と幾何公差
  2 - 2 - 2 JIS 改訂で変わった用語
 2 - 3 ISO と ASM
STEP6 第3 章 正規分布と工程能力指数
 3 - 1 正規分布の性質
  3 - 1 - 1 公差とばらつき
  3 - 1 - 2 正規分布とは
  3 - 1 - 3 母集団とサンプル
  3 - 1 - 4 平均値と標準偏差の求め方
  3 - 1 - 5 正規分布の表し方
STEP7   3 - 1 - 6 正規分布の性質
 3 - 2 不良率の推定
  3 - 2 - 1 不良率の求め方
  3 - 2 - 2 正規分布の規準化
STEP8  3 - 3 工程能力指数
  3 - 3 - 1 Cp
  3 - 3 - 2 Cpk
  3 - 3 - 3 CpとCpkの使い分け
STEP9 第4 章 統計的取り扱いと公差の計算
 4 - 1 分散の加法性
STEP10  4 - 2 統計的取り扱いと公差の計算
  4 - 2 - 1 互換性と不完全互換性
STEP11   4 - 2 - 2 【例題1】~【例題4】
STEP12  4 - 3 公差設計の PDCA まとめ
 4 - 4 さまざまな公差の計算方法
STEP13 第5 章 公差設計の実践レベル
 5 - 1 不良率の計算事例
 5 - 2 幾何公差の公差計算事例
STEP14  5 - 3 ガタとレバー比の考え方

学習方法

セミナーの前後に活⽤することで「理解度」と「効率」ともにアップできます。

稼働環境

PC Windows Mac
OS Windows10※1、Windows8、8.1※2 Mac OS X 10.8以上
CPU Intel Core2 21.0GHz 相当以上を推奨 Intel x86 プロセッサ搭載
メモリ 2GB以上
画面サイズ 解像度1280 x768、16 ビット以上を表示可能なカラーモニタ
ブラウザ Internet Explorer®9以上
Firefox® 最新版Chrome 最新版
Safari 最新版Firefox® 最新版
Chrome 最新版
プラグイン Adobe Flash Player 10以上※3
PDFリーダー Adobe Reader7以上※3
ネットワーク インターネットに接続可能な環境(1.5Mbps以上の回線を推奨) ※4
スマートデバイスの動作環境※5 ※6 iPhone: iOS 7以上iPad: iOS 7以上Android: Android 4.2以上
※標準ブラウザ(iOSの場合にはSafari)のみサポート対象とします。
※教材も上記機種に対応している必要があります。

※1 Edge以外のブラウザをご利⽤ください。Edgeでは⼀部表⽰の不具合が確認されています。
※2 Windows8系特有のインターフェイス(メトロモード)で閲覧するとき、教材画面を開いているタブから学習画面に戻る際に20〜30秒ほどかかるケースが報告されています。操作しにくい場合はデスクトップモードで閲覧してください。
※3「Adobe Flash Player」、「Adobe Reader」は、無償のプラグインです。お持ちでない方は、Adobe Systems社のホームページからダウンロードしてください。
※4 通信回線料は、お客様のご負担でお願いいたします。
※5 画面サイズが十分確保できる、タブレットでの学習を推奨しています。
コースによって、ディスプレイ解像度、ブラウザのバージョンに上記以外の制限があります。