Markforged社より航空機業界向けの新しいコンポジットマテリアルがリリースされました

Markforged社より航空機業界向けの新しいコンポジットマテリアルがリリースされました
2021年7月27日、Markforged社より航空機業界向けの新しいコンポジットマテリアルがリリースされました。

ベース材の "Onyx FR-A" と、それを強化する繊維材の "Carbon Fiber FR-A" の2種類になります。
どちらも優れた難燃性があり、アメリカ航空機業界でのFST条件をクリアしており、トレーサビリティも保有しています。3Dプリンタで利用できるカーボンファイバー強化樹脂材料としては初めてとなります。
今や航空機の内装品や筐体は、軽量化、高強度などの理由から、金属から炭素繊維樹脂にシフトしています。航空機業界ではアディティブ製造が積極的に活用されており、Markforgedの3Dプリンタとそのマテリアルにも大きな期待が寄せられています。

▼使用可能機種▼
Onyx FR-A: X3/X5/X7
Carbon Fiber FR-A: X7

ONYX_FR-A.png