新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策に関する取り組み

新型コロナウイルスにより、罹患を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、新型コロナウイルス感染患者の治療に当たり、多大なリスクを負いながら、医療の最前線で奮闘いただいている医師、看護師等の方々には心より敬意と感謝を申し上げます。

当社では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に立ち向かうための活動として、下記を行って参りました。

  1. 3Dプリント造形によるフェイスシールドを千葉大学医学部附属病院 様へ200セット寄贈しました(詳細情報はこちら)
  2. 当社が医療分野の知見と3Dデジタル技術を駆使して設計し、医療事業のパートナーであるサンアロー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 時宗 裕二)が製造し、フェイスシールド供給能力をアップしました
  •  千葉大学医学部附属病院 様に対するフェイスシールドの10000セット提供支援(詳細情報はこちら)
  •  東京都・大阪府へのフェイスシールド10000セット贈呈支援(詳細情報はこちら)

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、医療業界の安全に貢献できるよう、さらに全ての皆さまの安全に貢献できるよう、全力でご支援して参ります。