3Dプリンタ
ホーム > 取扱製品 > 3Dプリンタ
  • 文字サイズ変更 
  •  
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(大)

3Dプリンタ

 
 

当社は、US Markforged社と販売代理店(Authorized Reseller)契約を締結しています。
正規トレーニング受講の認定エンジニアがお客様のサポートをいたしますので安心してお任せください。

コンポジット(炭素繊維複合材)造形3Dプリンタ

Markforged社のプリンタは、近年、航空機・レースカー等の軽量化で注目される連続カーボンファイバーを織込んで
造形する画期的な3Dプリンタです。
FDMプリンタの手軽さで、アルミ相当の強度・軽量化を実現します。

■ 長繊維カーボン使用で、アルミ並みに堅牢で超軽量な造形が可能
■ インダストリーグレードの機能で廉価
■ 治具から機能性パーツまで幅広く適用可能です
■ 導入費用は、金属プリンタの1/100
■ ABSの20倍以上の強度(アルミニウム相当)
■ 金属の1/10の軽さ(カーボン、グラスファイバー、ケブラー)
■ 平面度・精度はハイエンドプリンタ並み
■ 複数種の長繊維ファイバーが使用可能
コンポジット(炭素繊維複合材)造形3Dプリンタ

MARK TWO

MARK TWOは、「FDMのプリントヘッド」と一続きのカーボンファイバー用の「特殊なカッターを組み込んだ
ヘッド」のデュアルヘッドシステムで、アルミニウム相当の堅牢で軽量な部品を造形します。
カーボン含有のフィラメントではなく、特許である一続きのカーボンファイバーフィラメントで造形しますので、
本来のカーボンファイバーの特性を発揮します。

The Mark Two 本体

MARK TWO 本体
最大造形サイズ[X,Y,Z]:320mm X 132mm X 154mm
本体サイズ[X,Y,Z]:575mm X 322mm X 360mm

INDUSTRIAL SERIES

INDUSTRIAL SERIESは使用材料の種類で選べる3機種の高精度・大型シリーズです。
3Dプリンタで初めてのレーザー測定装置を装備する新世代業務用3Dプリンタで、連続カーボンファイバーを使用し、アルミ相当の強度で且つ、超軽量な大型造形を実現。レーザーセンサーによる水平調整、多くの内臓のセンサーと高度なソフトウェアで細やかな温度変化に対しての補正も行い、高精度な造形が可能です。

Markforged Industrial Series

INDUSTRIAL SERIES(X3、X5、X7共通)

最大造形サイズ[X,Y,Z]:330mm X 270mm X 200mm
本体サイズ[X,Y,Z]:575mm X 467mm X 930mm

※使用可能材料はX3、X5、X7でそれぞれ異なります。

※X7はレーザー測定機能も備え、製品精度も把握できます。

使用可能な材料の特性

機種別
使用可能材料
X3 X5 X7 MARK
TWO
オニキス 高耐熱(145℃)のマイクロカーボン強化ナイロンで、ほとんど収縮がなく、優れた表面仕上がり
グラスファイバー 対費用効果に優れ、カーボンファイバーの2倍の重量、40%の強度を持つ
カーボン
ファイバー
軽量で、最も丈夫な連続繊維で、アルミ並みの頑丈な造形が可能
高耐熱
グラスファイバー
105℃以上の耐熱を持つグラスファイバー
ケブラー 高耐熱(145℃)のマイクロカーボン強化フィラメント。ナイロンの靭性と繊維の剛性を持ち、反りも排除

適用分野

カーボン+ナイロン1

※見本はケブラー+ナイロン

■各種生産治具、生産ツールに

高精度・高強度で造形できるため、治具/生産ツールに使用できます。

カーボン+ナイロン1

※見本はカーボン+ナイロン

■堅牢で軽量なカスタムパーツ/最終製品に

連続ファイバーで、堅牢で軽量な実部品を手軽に造形可能です。

カーボン+ナイロン1

※見本はカーボン+ナイロン

■機能試作用モデルに

デザイン確認だけでなく、負荷のかかる機能検証にも使用できます。

カーボン+ナイロン1

※見本はカーボン+ナイロン

■強度を要求する構造部品に

従来、樹脂での対応が困難だった「強度を求める構造部品」に
適用可能です。

車、ロボット、家電など、様々な用途に使われ始めています。是非お気軽にお問い合わせください。

  • 車
  • ドローン
  • ロボ
  • プラグ
 

お問い合わせ先

株式会社ファソテック
ビジネス企画推進部

お問い合わせ

TEL:043-212-2512
E-mail : info@fasotec.co.jp

page top